闇金の取り立て電話は無視すると危険

借りていないなら無視すべき

闇金業者を利用してしまったために取り立て電話におわれている場合、無暗に無視を繰り返す事は危険です。しかし場合によっては無視をする事が有効に働くケースもあります。それが闇金からのキャンセル料の請求です。

闇金業者は時に借りていない顧客に対しても金を請求してくる事があります。多くは途中で融資の申し込みをキャンセルしたことによるキャンセル料ですが、このようなキャンセル料の請求にはもちろん応じる必要がありません。

実際に借りたという形跡がない以上キャンセル料の請求に従う意味がないのはもちろんのこと、闇金業者にとっても仮にキャンセル料を回収できなかったところで何かの損失が生じる訳ではありません。極端に言えば取れればラッキーであるといった程度に思っている部分もあるため、もしも顧客が無視を決め込んだとしてもいずれは諦める事がほとんどとなります。

ただし場合によっては無視すると危険な事もあるため要注意です。融資の申し込みをした時点で緊急連絡先の登録をしているかどうかが、闇金を無視できる場合とできない場合とを左右する事になります。

無視していいのは緊急連絡先を渡していないとき

キャンセル料の請求などで闇金業者を無視していい状況となるのは、キャンセルする前に緊急連絡先の登録をしていない場合に限られます。もしも緊急連絡先が闇金業者の手に渡っている状態で無視を決め込んでしまった場合、たとえ1円も借りていなかったとしても緊急連絡先の第三者宛てへ闇金から連絡が入ってしまう恐れがあります。

緊急連絡先として登録するのは大抵の場合で家族や会社の電話番号です。家族にも会社にも、トラブルを知られたくないとほとんどの人は思います。そのため顧客本人の弱みを握れるという意味においても、闇金にとっての担保のような役割を果たしてしまうのが緊急連絡先なのです。

緊急連絡先を渡しているなら要注意

緊急連絡先を闇金業者に渡してしまっているときには、無視をするよりも専門の弁護士に相談した方が賢明であると言えるでしょう。個人情報を闇金に渡していないのであれば、闇金にとって担保となるものが何もない状態です。そのため無視をしたところで本人に対して何らかの手を打ってくるような事態にはなりません。しかし緊急連絡先のような個人情報を登録してしまっていると、家族や会社に取り立て電話が入る危険性があるので要注意です。

借金をした事実がなくても嫌がらせや執拗な取り立てが始まってしまう恐れがあるため、場合によっては弁護士への相談をして事態が深刻化する前に問題を解決しておく必要があるでしょう。

口座情報を渡していると押し貸しのリスクアップ

キャンセル前に口座情報を入力していると危険

闇金への融資申し込みをネットからした場合には、キャンセルも同一のホームページ上から行うことができます。ただしもしもこの時すでに口座情報の登録をしてしまっているときには、緊急連絡先を登録してあるケースと同様に十分な注意をしておかないとトラブルに巻き込まれるリスクが生じます。

口座情報を渡している場合に考えられるリスクが押し貸しの被害に遭うことです。押し貸しは頼んでもいない金を闇金が勝手に振り込んでくる事です。勝手に振り込まれた金銭を元金とし、それを元に取り立てや利息の請求を行ってくる悪質な詐欺行為に該当します。

押し貸しによる取り立ては無視すると危険

押し貸しを受けた金は返す必要自体ありませんが、勝手に使ってしまうのはトラブルの元であり、かと言って放置しておくと取り立てが始まったり家族などを巻き込んだりする恐れが出てきます。更に悪い状況となれば闇金の仲間と疑われるリスクもあるため、口座情報を教えてしまっているなら即座に口座を解約し、必要であれば弁護士への相談も検討しておくべきとなります。

近年の闇金はSNSを利用する

SNSから本人を辿られる事がある

闇金業者からのキャンセル料請求などについて、無視しても良いかどうかを判断する基準は基本的に個人情報です。緊急連絡先や口座情報などが闇金に渡っていないようであれば、キャンセル料の請求が来ても無視しておく事で解決する可能性が高いと言えます。

しかし近年の闇金業者については、更にもう一つの注意点が必要となる場合もあります。もしも闇金から取り立てを迫られている本人がSNSを日頃から多用している場合、そこで発信している情報を元に本人を辿られる危険性があるのです。

SNSから辿った個人情報で第三者を巻き込む恐れ

闇金業者の融資申し込みでは、名前や電話番号など必要最低限の情報しか渡していない場合もあります。しかしSNSを多用する人の場合、ほんの少々の情報を元に本人を特定される危険性がないとは言い切れません。

SNSでは不特定多数の人とネット上で繋がっているはずです。もしも個人を特定されてしまった場合、闇金業者は本人と繋がりのある第三者に対して根も葉もない噂を流す事があります。本人に関する誹謗中傷が拡散されてしまえばアカウントを削除するしかなくなる場合もあり、ネット以外のプライベートな場面で繋がっている人達からも孤立してしまう恐れがあります。

個人が特定されやすいアカウントは、登録名称が本名である場合などが考えられます。本名であればSNS上で関わりのある相手も日常で顔を合わせる人達であることが多いため、闇金トラブルに巻き込まないように一層の注意が必要です。