債務整理とは借金問題を整理する事

債務整理の相手方は正規の金融業者

債務整理と闇金の借金問題の解決との大きな違いは、司法書士や弁護士が交渉を行う相手が正規の記入業者であるかどうかという点です。

闇金業者を解決するなら、その相手方となるのは当然ながら闇金です。そして債務整理の場合は正規の金融業者が相手方となり、言うまでもなく違法な業者ではないため法律で定められている手続きや交渉を行っていく事になります。

返済額の減額を図る任意整理

任意整理とは裁判所を通さずに、本人の代理人である弁護士と貸金業者とが個人間で借金減額の交渉を行うことです。

借金の中身には元々借りた分の金銭である元金、元金から発生する利息、さらに支払期限までに返済ができていなかった場合の遅延賠償金などがあります。これらを含めて毎月かかる返済額の減額を交渉し、生活に悪い影響を出さないようにしながら余裕のある借金返済を行っていくための手続きです。

裁判所に借金を減額してもらう個人再生

任意整理が債務者と債権者の間の交渉で行われるのに対し、個人再生は裁判所を通して借金を減額する手続きです。民事再生とも呼ばれます。

借金の減額がどの程度になるかは状況や額面にもよりますが、裁判所に返済ができない事を認めてもらったうえで数年間の返済計画を立てる事になります。この際住宅などの担保を差し出す必要はありません。裁判所からの返済困難に関する認定を受けるために、本人が生活上の制限を受けないのが個人再生です。

裁判所に借金の免除をしてもらう自己破産

自己破産も個人再生と同様、裁判所を通して行われる手続きになります。ただし個人再生と異なる事は、借金の減額ではなく免除が行われる点と、住宅などの所有している高額財産を引き渡さなければならない点です。これによって借金がなくなった状態を作るため、自己破産後の所得などを借金の返済に充てる必要はありません。

払い過ぎた金利を取り戻す過払い金請求

過払い金請求は弁護士が直接貸金業者に対して手続きを行います。借金の返済をしている人の中には返済の金額を払いすぎている債務者もいます。利息に関わる法改定があった事によって気づかないうちに返済すべき額が減っていたような場合などに過払い金が発生しますが、この過分を計算して返してもらえるように手続するのが弁護士や司法書士です。

闇金の借金は取り立て停止で問題解決

闇金の借金は返す必要がない

闇金の借金問題も弁護士や司法書士が対応に当たることには変わりありません。しかし正規の貸金業者との間で行う手続きである債務整理に対し、闇金トラブルの場合は交渉の相手が違法組織となります。

さらに債務整理は支払うべき借金を整理して減額したり免除したりする手続きですが、闇金からの借金はそもそも支払う必要がありません。とは言え法的に返済義務の発生しない借金ではあっても、違法な組織が法律の正当性を突き付けられたところで引き下がる事はありません。そこで専門の弁護士が債務者と闇金業者との間に介入する事により、取り立てを停止するよう交渉するのが闇金トラブルの解決方法となります。

交渉の内容は支払いをせずに取り立て停止

債務整理は借金の減額、あるいは裁判所に認めてもらって免除を行う手続きですが、闇金の借金はそもそも支払う必要がないため無条件で1円も返済せずに解放される事が最も望ましい結果と言えます。そのため元金を払う代わりに取り立てをやめてもらう元金和解などは原則的にしません。

元本も含めて1円も支払わずに取り立て電話を停止させられるのは専門の弁護士や司法書士です。闇金に対抗できる専門の知識やノウハウがある場合に限って最適な交渉が可能となり、規定通りに行う債務整理に比べて臨機応変な対応や強い姿勢などが重要となってきます。

弁護士の交渉手段は電話での対応

闇金の口座や携帯電話の凍結

闇金トラブルを解消するための奥の手として、弁護士は闇金業者が所有する口座の凍結や携帯電話の使用停止などを実行する事が可能です。そのため闇金業者にとって弁護士とは非常に厄介な相手となります。

更に弁護士は警察との連携を図る事も可能であるため、闇金にとっても逮捕のリスクが増加する事になってしまいます。一人の顧客に執着しておくメリットよりも弁護士に対抗するリスクの方が高いと判断し、弁護士が介入してきた時点でほとんどの業者は顧客から手を引く事になるのです。

取り立て電話を即日停止させる交渉

闇金弁護士の特徴は、取り立て電話を即日停止させる交渉術を持っている事です。全国どこにいても対応できることが望ましく、電話一本で闇金業者との交渉を行います。

過払い金請求にしても任意整理にしても、債務整理は一から計算をして借金の減額や返還額などを見ていきます。しかし闇金対応の場合は時間をかけずに迅速な交渉が求められるため、相談者から依頼を受けた時点でその日のうちに交渉へと乗り出さなければなりません。

弁護士が介入してくるリスクを闇金業者も良く分かっています。そのため多くの場合では電話交渉をしたその日のうちに取り立て電話が停止し、遅くとも数日から一週間以内でトラブルが収まる事がほとんどです。

債務整理は債権者との間に平等な立ち位置からの交渉を設けるのに対し、闇金トラブルの交渉電話は強い姿勢での取り立て停止要求が必要となります。元金を支払わずに解決するには闇金側にも引いた方が得だと思わせる交渉術を用いなければならないため、より専門的なノウハウが求められる事になるのです。