闇金業者の解決費用は5万円前後

相場は1社につき4万円から8万円

闇金業者の解決を専門の弁護士に依頼した場合、費用として必要となる金額は1社につき4万円から8万円が相場となっています。闇金解決に関して実績を多く持っている法律事務所であれば、ほとんどが1社につき5万円前後となるでしょう。

また、事務所によってはいくらかお得に利用できる料金体勢を敷いている所もあります。1社につき5万円と決まっている場合であっても、たとえば6社以上まとめて解決を依頼すれば1社ごとの料金が減額されるなど、割引システムの設定もあります。

後払いができる事務所は少ない

1社に関する解決費用が4万円から8万円になるのは大体の法律事務所で同様ですが、支払方法にはそれぞれの方針によって違いがあります。

弁護士事務所の場合は原則的に前払いの一括制が多くなっています。中には分割払いを認めてもらえる事はありますが、後払いが可能な弁護士事務所はほとんどないと考えておいた方が良いでしょう。

その一方で司法書士事務所については、分割払いが可能としている所も少なくありません。また、大抵の弁護士事務所が後払いを認めていないのに対して、司法書士事務所であれば後払いに応じてもらえるケースもあります。依頼を決める前に支払いに関して相談する事もできるので、すぐに資金が用意できない人でも融通を利かせてもらえる場合もあります。

相談は無料

弁護士事務所にしても司法書士事務所にしても、闇金トラブルに関しては電話での無料で相談を受け付けている所がほとんどです。

一般の法律事務所と闇金に特化した法律事務所との違いはここにあります。基本的に弁護士事務所は相談の時点から料金が発生する事が多く、さらに電話ではなく直接面談をするという形式が通常です。そのため遠方に住んでいる人の場合は相談をする事が難しく、料金がかかるというハードルがあるため相談自体を諦めてしまう事も少なくありません。

しかし闇金トラブルという案件については、急を要している状況であることが多いです。面談をするために予約をして決められた日時を待っていられるような余裕はありません。また、現在の闇金は非対面形式の090金融が大半ですので、地域を限定せずに電話で相談や依頼の受付をできる事務所でなければ対応をしきれないのです。

よって闇金対応に力を入れている法律事務所では無料の電話相談を受け付けている事がほとんどであり、なおかつ全国対応ができるという特徴を持っています。これによって金銭的に追い詰められている闇金被害者からの相談を受けやすくし、依頼もそのまま電話で引き受けられる体制を整えています。

闇金対応は断る弁護士事務所がほとんど

闇金対応を嫌がる弁護士は多い

闇金事件というのは扱い方が簡単ではありません。解決できたとしてもそこまで大きな利益に繋がる案件でもないため、世の中の多くの弁護士事務所では闇金対応そのものを断っている現状があります。

専門の知識や交渉のためのノウハウがないと対応できない事も、闇金トラブルに関して受付を拒否する事務所が多い事の原因になっています。闇金業者はそもそも法律に従って活動している相手ではないので、強い姿勢で交渉し続けられるだけの能力がなければ解決には結びつけられないのです。

無理に依頼をして引き受けてもらっても損をする

闇金に特化している事を掲げている法律事務所でなければ依頼自体を受け付けてもらえない取り立てトラブルですが、中には大した知識や実績もないのに依頼を引き受けてしまう弁護士事務所もあります。しかしそのような事務所に対して無理に依頼をお願いしても良い結果が出る事はほとんどありません。仮に解決できたとしても、被害者の利益を100パーセント守れるかと言われればそれは難しいでしょう。

たとえば闇金対応に慣れていない弁護士がやりがちな交渉の一つには元金和解があります。取り立て電話をストップする代わりとして、本来ならば支払う必要のない元金を返すという交渉内容でまとめられてしまうのです。あるいは交渉自体まとめる事ができず、取り立ても嫌がらせも解消していないのに依頼人を放置してしまう弁護士さえ稀にいます。

また、闇金に特化している訳ではない弁護士に無理に依頼をお願いしても、相場よりも高い費用を請求されてしまうケースがあります。闇金から借りた元金よりも高い費用を請求されていては本末転倒となるので、依頼先はきちんと調べておかなければなりません。

事態が悪化する恐れがある

闇金対応に慣れていない弁護士に依頼する事によってもう一つ生じるデメリットが、交渉をしてもらう前よりも事態が悪化してしまう事です。

闇金業者は専門の弁護士が介入すると基本的にすぐさま手を引きます。しかしその反対に相手が不慣れな弁護士であると見抜いてしまえば、手を引かないどころか弁護士を雇った顧客に更なる嫌がらせを行う危険性が増します。

また、家族や会社にまで取り立て電話をされてしまうリスクも生じます。慣れていない弁護士を雇うことで二次被害を引き起こすきっかけとなる事もあるでしょう。

闇金に強い弁護士なら最短即日で解決できる

早ければ即日で取り立て停止

無料相談もできて全国対応も可能な専門の弁護士に相談した場合、闇金業者からの取り立て電話は早ければその日のうちに停止させることが可能です。

闇金業者の嫌がらせは、交渉が長引いてしまうとその分激化する危険性が高くなってしまいます。多くの相談者が恐れているのは家族や会社に闇金の被害が拡大してしまう事であり、交渉に手間取っている間に家族にバレてしまったというようなケースになるリスクもあります。

闇金対応に特化した弁護士はこのような差し迫った事態を把握しているため、相談を受けて依頼へと進んだその日のうちに闇金業者に対する交渉電話をかける事になります。口座凍結や警察との協力などの切り札を持っている弁護士が介入すれば、闇金業者も基本的には交渉電話が入った時点で顧客から手を引く事を決断せざるを得ません。

遅くとも数日から一週間以内には解決

闇金弁護士が即日で解決できる割合は8割ほどになると言われています。そのため非常に多くのケースが即座に解決している事が分かりますが、闇金業者にも際立って悪質な所はあるためその場合には少々長引く事もあります。

ただしノウハウのある弁護士が交渉に当たっていれば、仮に即日解決ができなかったとしても数日から一週間程度で取り立て電話をストップさせられます。家族や会社への二次被害を心配している相談者がいれば、必要なときに適切なフォローを入れてくれるため本人のプライバシーも最大限守られます。

闇金対応が長引くケースもある

闇金業者から元金を騙し取るために融資を受けた場合

どんなに優秀な弁護士が対応に当たっていたとしても、時には闇金業者との交渉が困窮してしまう事もあります。その原因となる行動を相談者本人がしている事もあり、たとえば借りパクを前提とした借金をした場合などがそれに当たるでしょう。

闇金から借りた金は返さなくて良いという判例があるため、一般の人でも知識のある人の場合には法律を悪用しようと考える場合があります。元々金を返さないつもりで闇金から金を借り、1円も返さないまますぐに弁護士へと相談をしに行くのです。

もしもこの魂胆が闇金に知られてしまった場合、闇金側もたとえ弁護士が出てきたからと言ってそう簡単には折れません。感情面でのトラブルが生じてしまっているため、個人的な恨みを持たれてなかなか逃がしてもらえなくなります。

弁護士事務所の中には踏み倒しを前提にした借金をした場合には相談を受け付けていない事もあるので、借りパク行為は絶対にしてはなりません。

悪質な業者は注意が必要

借りた本人に踏み倒し等の悪意や落ち度がなくても、闇金業者そのものが悪質な場合には弁護士の介入にも態度を変えない場合があります。闇金業者は元々が違法組織であるため、法的に正当な訴えを起こされた程度では動揺しないケースもあるのです。

腕利きの弁護士であっても相手によっては長引く事があるので注意が必要となるでしょう。