勝手に口座へ振り込んでくる押し貸し詐欺

闇金に口座情報を知られていると危ない

闇金による押し貸しとは、融資を頼んでもいないのに勝手に口座へと入金してくる行為のことです。身に覚えのない入金があったときには、闇金の押し貸し被害を受けている可能性を考えておくべきです。

闇金が勝手に振り込んできた金は、返す義務も法的な根拠もありません。しかし見ず知らずの金が手に入ったからと言って使ってしまうのは危険な行為です。

その金が実際に闇金の押し貸しであれば、後になって電話がかかってきて利息の支払いを求められる事になります。ここでもし元金として振り込まれた金銭を使い果たしていると、闇金に対する後ろ暗さから付け入る隙を与えてしまいかねないのです。

闇金が押し貸しを行う相手は過去の顧客

闇金の押し貸し被害に遭うタイプには大体二通りのパターンがあります。一つは過去に闇金から融資を受け、どうにか利息も元金も含めて支払を終えた顧客です。すでにもう元金まですべての金を支払済みだからと言って、安心してしまっていると思わぬところで闇金のターゲットにされてしまいます。

また、闇金とは知らずに融資の申し込みをしたものの後になってキャンセルをした人も標的にされやすいです。キャンセルの前に口座情報を登録していなければこのような被害は受けません。しかしもし闇金側に口座情報が渡ってしまっていると、その名義宛てに勝手な入金が行われる場合があるので注意が必要です。

押し貸しを受けた金は受け取ってもらえない

押し貸しにあった事に気づいて即座に金を返そうとしても、闇金業者は基本的に返済を受け付けないはずです。元金を被害者の所に置いておくことによって利息が発生しているという言いがかりをつけ、延々と利息を支払わせ続ける事を目的としているためです。

また、過去に闇金と取引をしていたためにターゲットにされた人であれば、闇金の口座情報を把握しているかもしれません。ですがその口座に宛てて押し貸しの金を返したとしても、闇金業者が逃がしてくれることはないでしょう。返済の指示もしていないのに勝手な真似をしたのだから無効だなどと言いがかりをつけ、返したのに利息を支払わされると言ったような理不尽な状況に陥る事も考えられます。法的な手続きを取るのであれば供託などの方法もありますが、個人で元金を返そうとしても難しいということを念頭に置いておく必要があります。

押し貸しによって利息の支払いを求められる

勝手に振り込んだにもかかわらず利息を求める

闇金が押し貸しをするのは大抵が利息目当てですが、勝手に振り込まれた元金を返す義務がないように、利息を求められても応じる必要はありません。

しかし法的な義務が生じないからと言って無視して良いものでは決してありません。仮に緊急連絡先も闇金に押さえられてしまっている場合には、利息の請求を無視する事で被害が拡大する恐れも出てくるでしょう。

闇金の仲間と疑われるリスクもある

押し貸し被害を受けた時にもう一つ怖いのが、警察から闇金の仲間と疑われて事情を聞かれるリスクを高めてしまう事です。

押し貸しは闇金業者が被害者の口座に金を振り込んで行われますが、実際上は振り込まれた金銭自体が闇金被害金であるケースも存在します。別の顧客が返済金を振り込もうとする時、闇金業者が押し貸し被害者の口座を指定していたとすれば、返済金がそっくりそのまま自分の口座に入ってきている状況を生みだしてしまうのです。

金の流れを辿った警察に闇金の仲間と判断されてしまう事もあるため、無暗に口座情報を教えたり、完済後の口座をそのままにしたりしておくことは危険な行為となります。

闇金対応のできる専門家に相談して解決を図る

押し貸し被害を受けた時に相談できるのは、闇金対応に強い弁護士や司法書士です。通常の取り立て電話停止の交渉と同様に、押し貸しによる利息の取り立てを即座にやめさせてもらえる可能性が高くなります。

二次被害を防いだり警察の疑いをかけられた場合に守ってくれたり、闇金に関わるあらゆるトラブルを回避できるのも弁護士です。

押し貸し被害を防ぐには口座の解約

口座情報を知られていなければ闇金も手は出せない

闇金からの押し貸し被害を防ぐためには、口座情報を闇金が知り得ない状況にしてしまう事です。闇金が押し貸し行為を行えるのは、被害者の口座情報を自分たちで把握しているためです。つまり現在の口座情報さえ知られていなければ、勝手な振り込みを行いたくても闇金から手を出す事はできません。

たとえば闇金に融資申し込みをした後キャンセルした場合であり、さらに入金をされたなどの形跡がない時点であれば、口座はクリーンなままであり闇金との関わりができていない状況です。そのため速やかに口座を解約する事によって押し貸し被害を免れる可能性が出てくるでしょう。

口座解約をする時には担当弁護士の指示に従う

借金の返済を終えた後や、押し貸しのトラブルが解決した後も油断は禁物です。またいつ同じような手口でターゲットにされるかはわかりません。さらには闇金からの振り込みがあったということで、警察から事情を聞かれてしまうようなリスクを背負い込んでいる場合もあります。

闇金とのやり取りが一度でもあった口座は速やかに解約すべきですが、想定できるあらゆるリスクを防ぐためには専門の弁護士に相談したうえで解約等の行動に出る事です。万が一警察から疑いをかけられた時、個人の力で無関係であることを証明しきるのは難しいです。しかし弁護士に相談して依頼をしておけば、そのような事態が起きても間に入って対応してもらえます。